群馬のマンションで太陽光発電は可能

群馬のマンションに住んでいる方は太陽光発電ができるでしょうか。自宅にお住まいの方にくらべてハードルが高いですが、マンションに住んでいる方でも太陽光発電はできます。マンションのベランダを利用して、発電を行います。ある程度の広さを持ったベランダが理想です。狭いベランダでも発電はできますが、発電量が小さくなります。それでも一つの部屋の電気やパソコンを動かすための電力量を得ることができます。地震のような災害で電気がつかえなくなることがあります。そんな時は、たとえ電力の量は少なくても、自力で電力を得ることができたら不便な生活をする必要はなくなります。ベランダの場合は、自分の力でソーラーパネルを設置することが可能です。屋根に設置する場合は、専門の業者に頼まないといけないので費用がかかりますが、自分でしたら設置の費用を節約できます。

群馬県は太陽光発電に適した環境が備わっている

太陽光発電システムによる発電量は日照量によって大きく変わってきます。当然日照量が多い地域の方が発電量も多くなり、導入コストと採算を合わせやすくなるのです。群馬県の平均的な日照量は、県庁所在地のデータで全国の中でも上位に入ります。つまり、太陽光発電の導入に非常に適した地域であると言えるのです。もちろん、同じ群馬県の中でも北部に行くと冬季はかなりの積雪量になる地域もあります。その為、全域で同じ日照量が獲得できるというわけではありません。しかし南部であれば多くの地域で冬季もある程度の日照が獲得できる環境にあるのが群馬県の特徴と言えます。南部に居住している方にとっては、太陽光発電システム導入の理想的な環境が備わっている状態と言って良いでしょう。恵まれた環境であれば相応の発電量が見込めるので、売電収入への期待も高まります。

企業と自治体による群馬県の太陽光発電政策

現在は全国の至るところにソーラータウンと呼ばれる街並みが存在していると言っても良いかもしれません。自治体によっては太陽光発電の導入に手厚い支援を行っているところもあり、そうした自治体の中では大規模なソーラータウンが作られやすいのです。実は、群馬県にも全国で有数のソーラータウンを有する街があります。もともと群馬県は年間の平均日照時間が多めの県でもあり、自治体による太陽光発電に対する支援も充実している県です。こうした環境に着目し、企業がソーラータウンやメガソーラーの建設地候補として挙げやすい地域でもあるのです。実際に県内には既に住宅メーカーと自治体が協力し合って作られた大規模なソーラータウンが存在しており、成功例として引き合いに出されることが多くなっています。家庭用の太陽光発電システムは一般家庭の検討対象になっていると思われがちですが、企業や自治体にとってもぜひ着目したいエコシステムとなっていると言えそうです。