太陽光発電の設置に適した群馬県

太陽光発電は太陽の光を電気に変える自然エネルギー発電です。そのため日射時間が発電力に影響してくることになります。それを踏まえると全国第4位の日射時間を誇る群馬県は太陽光発電の設置に適した土地であるということが言えるでしょう。太陽光発電は電力変換率が優れたシステムの方が高額ですが、日射時間が長いということで電力変換率が低いシステムであっても発電効率が良いといいという利点があります。よって群馬県民なら導入費用も安く抑えることが期待できます。さらに自然災害に見舞われることが少ない土地としても知られています。降雪量はあまり多くはなく、地震発生率も周辺県に比べるとだいぶ少なくなっているため自然災害の影響による損害もありません。今なら補助金制度もありますので、群馬県民ならシステムの導入に迷う必要はないでしょう。

太陽光発電を群馬で効率的に行うには

太陽光発電は各地で盛んになっています。クリーンなエネルギーであることや売電できることが魅力です。群馬で効率的に行う一番良い方法は、ある程度の広さを持った土地を見つけて、そこにたくさんのソーラーパネルを設置することです。たくさんのパネルを設置できれば、発電量が上がります。大規模な売電ができるようになり、毎月一定の利益を上げられるようになるでしょう。群馬だったら、農地に設置するのが理想です。農地に設置したら全電力を売ることができて、余剰電力を売るより利益が高くなります。ただし発電量が決まっていて、それを下回ったら全電力買取にならないので注意しましょう。農地で発電を行う時は手続きをする必要があります。農地では農業をすることが決められているので、農地転用の手続きをします。これは必要な書類を用意して、それを農業委員会に提出するものです。

群馬の自宅で太陽光発電をする方法

太陽光発電は自宅でもできます。群馬にお住いので、持ち家があったら可能です。発電の方法はいくつかあります。一番良いのは自宅の屋根を使うものです。自宅の屋根にソーラーパネルを設置します。日当たりが良いことが設置の条件になります。一般に南向きの屋根が一番日当たりが良いと言われています。南東や西向きの屋根も日当たりが良いので、設置は可能です。北向きの屋根は日当たりが悪いので、ソーラーパネルの設置には向いていません。屋根が難しい場合は、庭を利用しましょう。ある程度の広さのある庭だったら、ソーラーパネルを設置できます。その時に重要なのは傾斜角を作ることです。傾斜角がないと十分な日差しを受けることができないのです。工事によって作ることができます。庭も難しい場合は、日当たりの良い車庫の上部などを利用しても構いません。